一定の収入を得ていれば審査してもらえる

融資ときくと、なかなか審査が厳しいイメージがあります。学生ならなおさらです。やはり実際は、一般的に融資の審査にとおりやすく、融資金額が大きくして借りられることができる職業は、公務員や大企業の会社員として、安定した収入が保証されている立場にある人です。会社員は賞与も収入に大きな割合を占めています。賞与も収入として貸付金額に影響するため、融資額は大きいものとなります。公務員や大手会社員は、貸し付ける側の金融会社からの、信用も得られやすいのです。信用度がとても高いため、即日の融資に対応してもらえることも多いでしょう。

 

一方、学生はどうでしょうか。一切、融資を受けることはできないのでしょうか?そんなことはありません。現代では、学生でもアルバイトをして一定の収入を得ている人がほとんどです。さらには、学生でありながら、自分で会社を立ち上げている人もいます。そういうものすべてを収入として加味されて、融資を審査されます。そのため、消費者金融であっても、カードローンであっても20歳を超えていれば、学生や社会人の立場に関係なく、収入をしっかり証明することができれば、融資を受けることはできるのです。とくに、学生におすすめなのは、学生ローンです。学生をターゲットにしているため、金利も安めに設定されています。また、即日融資に対応している会社も多くあります。記入書類に偽りなく収入について記入し、審査を通ることで、学生デモ即日融資、キャッシングを受けることができるのです。

 

学生では厳しい審査を通過して、即日キャッシングは無理なことなのか。

貸し付ける会社から見たら、一番審査に重点をおきたいところは、返済能力です。返済能力について、学生はどうしても限界がります。アルバイトでも、働いていて一定の収入が認められれば、即日融資も可能かもしれません。しかし、アルバイトも一切していなくて、収入がない場合は、融資会社からの融資は期待できません。自分で収入を得て、返済能力がつくまでは融資会社ではなくて人脈と自分の信用を頼りにして、身近な人にお金を借りる方法が一番安全かもしれません。

 

しかし、アルバイトなどの一定の収入がる場合は、審査を通過することによって、即日融資を受けられることがあります。審査は、他社からの借入額から返済能力までを短時間(1時間程度)で、正確に調べ上げます。ここで、偽りの申請がなされていることが判明すると、信用がなくなってしまうため、他社からの借り入れについても正確に申請することが重要です。審査の方法や、借入限度額は融資会社によって異なります。会社によっては、返済能力が乏しいと保証人を求められ、それによって融資額を決定することもあるので注意が必要です。

 

まとめ

融資会社からの融資は、返済能力がポイントとなります。収入が一定でない学生にとっては、融資会社からの融資は返済のことや審査を考えると、時間と労力がかかるキャッシング方法であります。学生にとっては、クレジットカードのキャッシング機能を利用することのほうが、安心かつ気軽に利用できるかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日