条件が異なる場合もあるが基本はできる

外国人が日本でキャッシングをする事が出来るのかといえば、結論から言うと出来ます。ただ、日本人とは条件が異なる場合もあるので注意が必要です。

 

原則としては、日本人か外国人かで融資の可否を判断するわけではないようです。外国人だからいけないというだけの理由は少々乱暴です。日本に在住する外国人でも、金融サービスを利用してはいけないわけではないのです。
一番大切なポイントになるのは、やはり安定した収入があるのかどうかといった点になります。

 

基本的に永住権がある事が前提にはなるようですが、審査に申し込んでみないとわからない部分もあります。保証人になり得る身内が日本に在住していたりするとそれも安心材料にはなります。

 

本人確認の為の書類としては、在留カードや特別永住者証明書が必要になってきます。日本人の場合より、審査や手続きに時間がかかってしまうのは、ある程度仕方がないかもしれません。

 

日本語の能力は必須と言っていいと思います。話す事はもちろん、読み書きもそれなりのレベルが求められます。この文章を読む事が出来るのであれば、おそらく大丈夫だと思います。

 

融資に至るまでの工程で、手続きで日本語を読み書きする必要がいろいろあります。また、肝心な返済にあたってのルールをしっかりと理解しなければなりません。

 

何か問題が起きた時に、金融機関との複雑なやり取りが生じるかもしれません。様々なリスクにも備えていく事が必要になってくるので、そういう意味で言葉がまずはハードルになるかもしれません。

 

日本人でも外国人でも融資のポイントは同じ

 

  • 安定した収入があるか
  • 返済の能力があるか
  • 過去に金融事故を起こしていないか

 

以上の点を満たしているならば、審査には通りやすくなります。

 

外国人でも、日本の企業で社員として働く人はたくさんいます。日本に出張で滞在している場合もあるでしょう。

 

個々に状況が違うので、借りられるかどうかは各金融機関の裁量による部分が大きくなります。きちんと契約を結ぶだけの理解があるのかどうかもわからないで貸す業者は、逆に注意した方がいいかもしれません。

 

外国人だからと言って諦める必要はない

 

自分の状況を説明出来るだけの日本語が使えるのであれば、各金融機関に直接行くなり、電話するなりして問い合わせてみる事をおすすめします。

 

そうすれば、困っている状況を解決するヒントが得られるかもしれません。借り入れられる額は小さくなりますが、外国人の方がどうしてもキャッシングをしたい場合は、

 

クレジットカードのキャッシングの方が早いかもしれません。いずれにしても、外国人でもお金を借りる事は可能です。返済の計画をきちんと立てて、無理のない借り入れをするようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日