固定の収入源が本当にあるかどうかの確認

在籍確認はどうして必要なのでしょうか?

キャッシングなどでお金を借入する際には『在籍確認』というものが必要になります。在籍確認とはキャッシングを利用する人がキャッシング会社に提出する個人情報の一つで、本当に申告した通りの勤務先に在籍しているかどうか(固定の収入源を持っているかどうか)を確認するためのものです。

 

キャッシング利用者に返済能力があるかどうかを判断する重要な材料になります。ここで注意すべき点ですが、在籍確認が取れない場合は虚偽の申告をしたと判断されることがあります。その場合、キャッシング会社は借入を許可することはありませんので、虚偽申告と思われないようにきちんと在籍確認を受けなればなりません。しかし借入することを自分の勤務先に知られたくないという人もいるので、キャッシング会社は特例の方法なども用いて対応しています。

 

在籍確認はどのように行われるのでしょうか?

現在でもキャッシング利用を快く思わない人は多いですし、「勤務先にばれるのが嫌だ、親族に知られるのが嫌だ」と思う人も大勢います。そのため、どのキャッシング会社でも、在籍確認にあたっては非常に気を付けている点があります。

 

確認の際に自身がキャッシング会社であることを名乗らない

在籍確認とは文字通り、利用者が申告した通りの勤務先に在籍しているかどうかを確認するためのものです。キャッシング会社が利用者の勤務先に電話をかけて在籍を確認する際も、自身がキャッシング会社であることを名乗らないのが普通です。

 

もし勤務先に電話をかけて本人以外の人が出た場合でも、不審がられないように「○○様いらっしゃいますか?」と自身の社名を名乗らずに質問することがほとんどです。また本人が席を外していた場合に、電話を受けた人から折り返しの電話を勧められる場合がありますが、基本的にキャッシング会社はそれを断ることが多いです。

 

やむを得ない場合に限り、電話ではなく書類で確認を取る

キャッシング会社から利用者の勤務先に電話をかけても、「個人情報なのでお答えできません」と対応される場合もあります。こういった場合は利用者の側が「本当にここに勤めている」という証拠をキャッシング会社に提示する必要があります。証拠として提示するものは社員証、在籍証明書、給与明細など、勤務先の社名がはっきり記載されているものでないといけません。

 

在籍確認をスムーズに行うには、電話確認が可能かどうかをあらかじめキャッシング会社に伝えておくといいでしょう。もし電話確認が不可能な場合は、在籍を証明するための証拠をご自身で用意しておく必要があります。

 

まとめ

 

返済能力の裏付けを取るため、在籍確認はどこのキャッシング会社でも行われると考えていいでしょう。ただし自分の勤務先にばれることはないので、利用者の側は特に心配する必要はありません。

 

  • 在籍確認は必ず必要になります!
  • ただし会社にばれることはありません!
  • 社員証でも代替可能な場合もあります!

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日