在籍確認はプライバシーを尊重しますが、バレることも考えられる

近年、キャッシングはより我々の生活の身近な存在となりました。CMや広告などでも頻繁に目にするようになりましたよね?けれどあくまでキャッシングとはお金を借りる行為です。周囲からの目を気にして利用するのに1歩踏み出せないという方も中にはいることでしょう。特に会社の人からの目はどうしても気になってしまいますよね?誰にも知られることなく利用するには何が1番の問題になってくるのか?何と言っても会社には、絶対に回避することのできない在籍確認がかかってきます。これは申込書に記入した職場で実際に働いているのかの確認の電話ですが、これは返済能力の有無を確認する上での決定打となります。ですのでこれを避けるということはキャッシングの利用を諦めることになってくるのです。

 

しかしそこまで心配する必要もありません。在籍確認の電話は「◯◯ですが…」というように個人名でかかってくるので、そこら辺のプライバシーは尊重されています。また、たまたま席を空けていた場合でも、電話を取った会社の人の受け答えで十分に在籍が確認できた場合にはその時点で終了ということもあります。とは言っても必ずバレないかと言われると、簡単には肯けません。例えば以下のケースになってしまうとバレてしまうこともあります。

 

まずは、受話器を取った人がキャッシングの利用経験のある場合です。個人名で電話がかかってくることは、露骨に消費者金融の名前を名乗られるよりは遥かに安心かもしれませんが、そもそも会社に個人名を名乗った電話がかかってくることも稀ではないでしょうか?しかもそれを経験したことがある人が取ってしまえば、当然疑問がわいてきますし、その電話に住所や生年月日を告げているところを見られればどうでしょうか?キャッシングを疑われるのも必然的です。そう考えると自らが受話器を取ってしまえるのが理想的と言えるもしれません。

 

誰も電話に出れないのは要注意

上記とは反対に誰も電話に出れないというのも注意が必要です。会社にかかってくる電話ですので、それを仕事の電話と考えても何もおかしいことはありません。ですので、着信履歴に残ったキャッシング会社からの電話を仕事の電話と勘違いして、職場の人がリダイヤルしてしまった場合のことを考えてみてください。当然かかってきた電話ですので、向こうも名乗らないわけにはいきません。 多くの場合、会社側も在籍確認の電話は非通知でかけてくれますが、最近では安全面から非通知には着信拒否をするように設定している会社も多くあります。このような場合ではキャッシング会社の番号も通知されざるを得ません。

 

在籍確認の電話はあくまでも利用者の勤務情報を確認するためのものであるため、当然電話をかけることにも十分な配慮はしてくれます。希望の時間帯を相談すれば、それに合わせくれないとも限りませ。 例えばこんなこともありました。利用者が「電話の際、保育園のことで話があると言って欲しい」と持ちかけたところそれを飲んでくれたということもあります。他にも男性の利用者が「在籍確認の電話は男性にしてくれ」と希望したこともあるそうで、これは周囲から不倫を疑われないようにするための策だったそうですが、会社はこういった希望も飲んでくれたそうです。

 

それでも心配の場合には「カード会社から在籍確認がくる」と言ってみてはどうてしょうか?クレジットカードにも同じく在籍確認があるため、キャッシングよりは比較的気も楽ではないでしょうか?何度も言うように、会社側も利用者のプライバシーには十分な配慮をしてくれます。希望がある場合には進んで言ってみるのも良いでしょう。けれど在籍確認は在籍の確認が保証できれば良いため、給料明細や社員証の提示でも可能なこともあります。どうしても気になるという方は、事前に在籍確認の手段まで調べた上で利用してみてはいかがでしょうか?

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日